阿比太神社

例祭・行事

夏越(なごし)の祓い(6月30日)

 一年を二つに分けた昔の考え方では、六月晦日(みそか)は十二月晦日に対応して前の半年の最終日にあたっています。 六月晦日は、神に年の前半のあいだの無事を感謝し、収穫までの後半年の無事を祈るための物忌みの日、祓いの日と考えられました。十二月のほうを「年越し」と呼ぶのに対し、六月のほうを「夏越し」と呼んだのです。そして十二月晦日と六月晦日の年二回、「大祓い」の神事が行われてきました。祓いは、日本の神祭りの基本とも言える作法です。
 夏越祓いの方法には、「茅の輪くぐり」というちょっと変わった方法があります。「茅の輪くぐり」というのは、神社の境内に竹で作った直径二メートルほどの輪にカヤを巻きつけたものが置かれ、参拝の人々がそれをくぐることによって身のけがれをはらいます。そうすることで、夏の恐ろしい伝染病や水の災難を防ぐことができると考えられたのです。
 阿比太神社におきましても、本年も境内にて「茅の輪くぐり」をしていただけます。